刺繍のタイプで文字の見え方が変わります

刺繍のタイプで文字の見え方が変わります バインダーファイル


先日サンプルとして製作したバインダーでは、すべてに数字の刺繍をいれているわけですがそれぞれ変化を付けた刺繍を施しています。

本日はその刺繍について解説させていただきます。

三種類の刺繍文字の詳細

三種類の刺繍文字

三種類の刺繍文字

こちらが先日作成したバインダーファイルのサンプル。刺繍で番号を「1~10」までふってみました。これだけ離れているとちょっと分かりにくいのでズームした写真で説明します。

立体感がある肉厚タイプの刺繍

立体感がある肉厚タイプの刺繍

刺繍に厚みをもたせた特殊な刺繍文字です。刺繍に立体感が生まれ文字が浮き出たように見えるのが特徴。もちろん数字以外に英数字などでも同様な刺繍が可能です。

フチを付けた刺繍文字

フチを付けた刺繍文字

縁取りをした刺繍文字です。これは文字を目立たせたい時に使います。基本的には、カバーと違う色を入れる事で文字が強調され見えやすくなります。カバーの色が暗かったら明るい縁取り、明るいカバーだったら暗い縁取りをするとよいでしょう。

一般的な刺繍文字

一般的な刺繍文字

写真に見えるのは一般的な刺繍文字。刺繍というのは細い文字だと見栄えがよくありませんが太くする事で刺繍としての見栄えがよくなります。

刺繍をする時は、写真のような太い文字での刺繍がオススメです。

この記事の商品はこちら
1
オススメの商品はこちら
1

事例No. 378
お気軽にお見積りください
  • 大口法人サービス

商品を探す

タイトルとURLをコピーしました