ホテル客室用インフォメーション(クリアホルダー対応)ファイル

ホテル客室用インフォメーション(クリアホルダー対応)ファイル 着脱バインダーファイル

福井県でも有名なスキー場、スキージャム勝山。スキー場内に併設されている東急リゾート(ホテルハーベスト)様より、客室インフォメーション用ファイルの製作依頼をいただきました。

今までは、市販のファイルに、安価なクリアーポケットを綴じて使用されていましたが、ホテルの品格や質感にあわせ製作しました。ご要望としては、汚れにくい事、メンテナンスしやすい事を一番に考え、カバータイプを採用していただきました。

ホテル客室用インフォメーションファイルの詳細

A4サイズ(クリアーポケット対応)のカバーファイル

サイズは一般的な、ホテル客室用ファイルのサイズですが、クリアーポケット対応サイズです。ホテルのコーポレートカラーにあわせ、濃い目のグリーンを使用し、キズが目立たないよう表面にシボの型押し合皮を採用しました。

型押しによるホテルロゴ名入れ

表紙中央にホテルのロゴを型押しさせていただきました。当社で縫製していますので、縫製前の材料の段階で型押ししています。型押しの品質には、自信があります。型押しは型を作る必要があるため、冊数が少ないと割高になり、どうしても冊数がまとまらないと1冊あたりの単価が高くなってしまいますが、箔押し印刷やシルク印刷と違い、経年劣化等のインクのはがれの心配がないのが特徴です。

経年劣化によるファイルの角折れ

当店のファイルは、市販のファイルと違い、角折れしません。なぜなら中芯を入れないからです。一般ファイルは、机から落ちるだけでも角落ちします。室内キーピングしても、ファイルの劣化がわかってしまっては興ざめです。ましてや高価なお部屋ですとなおさらです。ONFILEのオーダーファイルは、メンテナンスが出来るのが特徴です。

カバータイプファイルノメリット

カバータイプファイルのメリットは、1.カバーだけ交換できる。2.金具が破損してもファイルが交換できる。特筆すべき点はこの2点です。ホテルオーナさまの一番の心配が、金具の破損です。室内キーピングでファイルの中身が室内にバラバラになっていた事もあるそうです。ファイルにとって金具破損は致命的です。綴じる枚数が決まっていれば、固定式ファイルの製作しますが、綴じる枚数をフレキシブルに対応したい場合、やはり金具によるバインドが便利です。破損した金具を容易に交換出来るものとしてカバータイプをご用意しました。また今回金具も最新式を採用し、金具がはじけないものを採用しています。

破損だけではなく、枚数に応じて小さい径のものに交換したり、30穴から2穴/4穴に交換したりもできます。またその逆も可能です。金具破損でお困りの際は、是非お声掛け下さい。

オリジナルPP製カラーインデックス

破損するのは金具だけじゃない。綴じてある紙製の見出し(インデックス)もすぐに折れ曲がります。当店では、クリアポケットサイズに対応した、オリジナルカラーインデックスもご用意しました。PP(ポリプロピレン)製なので折れ曲がる事もなく、長期使用にも耐えられます。ご要望に応じて製作させていただきます。今回クリアーポケットも厚手の0.15mmを収めさせていただきました。安価なものと違い厚手ならではの高級感があります。裏表紙にホテルの封筒やカード、便箋も挟めるように斜めにカットを施しました。

この記事の商品はこちら
2
オススメの商品はこちら
1,2,3

事例No. 1059
お気軽にお見積りください
  • 大口法人サービス

商品を探す

タイトルとURLをコピーしました