結婚式場の教会用に特注オーダーで作ったホワイトバインダー

結婚式場の教会用に特注オーダーで作ったホワイトバインダー 刺繍

結婚式場の教会で、オリジナルで作ったバインダーの製作依頼を受けできたのがこちらのホワイトのバインダー。

色を入れずに、シンプルにホワイトの合皮とシルバーの刺繍を組み合わせて製作しています。とても上品な仕上がりになりました。

教会用オーダーバインダーの特徴

ホワイトベースのシンプルなデザイン

ホワイトベースのシンプルなデザイン

正面から見ると、白ベースの合皮にシルバーの刺繍。余白の使い方がうまく目立つ色を使わなくてもロゴ、文章が際立ちます。

スワロフスキーを埋め込む

スワロフスキーを埋め込む

ワンポイントという事でシルバーの刺繍の上にスワロフスキーを配置しました。これがアクセントとなり見た目のデザインを飽きさせません。

イラストレーターなどのデータからロゴを作成

イラストレーターなどのデータからロゴを作成

イラストレーターのデータを、刺繍用データに変換して名入れ、ロゴ入れをしております。刺繍できれいにロゴ入れ、名入れをするポイントとして、細すぎるラインはあまりよくありません。

刺繍の特性上、うまく刺繍ができない可能性もありますし、何よりラインが目立ちにくくなります。やはり刺繍というものはある程度太いラインを描くのに優れています。

バインダー側面にも刺繍で名入れ

バインダー側面にも刺繍で名入れ

バインダーの側面にも刺繍を入れています。刺繍は基本的にどの位置にでも入れる事ができます。

触らないと分からない表紙の質感

触らないと分からない表紙の質感

写真で表現する事のできない事に、表紙(合皮)の質感があります。今回の合皮には特殊なものを使っており、柔らかい合皮を使っています。

生っぽいというと変は表現ではありますが、持ってみて多くの人が心地よいと感じるような気持ちのよい合皮です。

柔らかい合皮

通常使っている合皮と違って柔らかく、張り合わせや刺繍が難しかったりしましたが、それらを考えてもこの合皮の手触り感はすばらしく、少しくらい難しくてもやる価値があります。

金具交換式

金具交換式

バインダーは金具が一番壊れやすい。そのため交換式のものにしました。

一般的な厚み

一般的な厚み

前に紹介した『特注カタログ帳』のようなものも製作可能ですが、今回依頼されたものはそこまでの厚みが必要ないため通常の仕様で製作しました。

色を使わないバンダーデザイン

色を使わないバンダーデザイン

バインダーに挟むものにもよりますが、色を使わないシンプルなものが最近増えてきました。傾向としては高級感を出したい時に色の使わないシンプルなデザインが求められるようです。

この記事の商品はこちら
2
オススメの商品はこちら
1,2,3

事例No. 774
お気軽にお見積りください
  • 大口法人サービス

商品を探す

タイトルとURLをコピーしました